お住まいのことでお困りではないですか?

お問合わせお見積もりはこちらから

Q&Aよくあるご質問

Q&Aよくあるご質問

家づくりに関するご質問

住宅設備に関するご質問

ガスに関するご質問

置き薬に関するご質問

家づくりに関するご質問

Q.01
工事額の目安は?
A.
おおよそ、坪45万円〜65万円位とゆうところでしょうか。
今まで500件程住宅建設に携わってきましたが、十人十色、住宅も同じものは一つとしてありませんでした。 とくに佐賀は地盤が弱く、基礎補強工事に予算がかかります。 また、お客様の要望を積み上げていき、工事金額を出しますので、金額もまちまちです。
Q.02
間取りは自由にできますか?
A.
自由にできます。(基本は自由設計です)
お客様のサポートができれば、幸いです。
Q.03
工期はどのくらいかかりますか?
A.
工事期間は、軽量鉄骨造で3か月前後、木造で約4か月〜5か月 間取り打合せ、仕様打合せ、図面作成(申請手続き等含む)各1か月前後 間取り打合せから完成まで6か月は見ておかれては!

▲ ページのトップへ

住宅設備に関するご質問

Q.01
工事額、修理代金の目安はどれくらいかかりますか?
A.
ご計画内容をお聞きしたうえで、現場状況を確認してから見積額をお知らせします。
Q.02
工事期間中にお茶やお茶菓子は必要ですか?
A.
工事担当者への気配りは一切、必要ありません。
Q.03
住宅機器・衛生機器などの取扱い説明はしてもらえますか?
A.
営業担当および各機器メーカーによる説明を、工事が竣工し、お引き渡しのとき、または必要に応じて説明します。
Q.04
今のトイレが狭いが、どうしたらいいでしょうか?
A.
専門の担当者がそれぞれのお宅を調査し、よりよい提案をします。
Q.05
昼間は家に誰もいないのですが工事をしていただけますか?
A.
外部(エクステリア)工事は何ら問題はありませんが、内部(インテリア)工事の場合は十分な打ち合わせのうえ対処いたします。

▲ ページのトップへ

ガスに関するご質問

Q.01
ガスが点火しません。
A.
  • ガス器具の乾電池を新しいものと交換してみてください。
  • ガス給湯器電源プラグは差し込んでありますか?
  • 器具栓の安全装置が作動している可能性があります。何回か器具栓の開閉を行ってみてください。
  • 器具のホースがねじれていませんか?
  • ガスメーターでガスを遮断していませんか?遮断していれば、復帰操作を行ってください。→あんしんLPガスへ

以上の確認をしていただいても点火しないようであれば、LPガス販売店へ連絡してください。→事業所一覧へ

Q.02
殺虫剤を散布したら、ガスもれ警報器が鳴り出しました。
A.
エアゾール式殺虫剤は、LPガスなどの噴射剤の圧力を利用して、有効成分を空気中に噴霧するので、LPガス成分が含まれています。
注:ガス漏れ警報機とガスメーターが連動している場合は、ガスメーターで遮断する場合があります。
Q.03
ガスを使用してないのにガス料金が引き落とされました。
A.
ガス料金には基本料金があり、ガスの使用に関係なく、請求される料金です。
基本料金には、容器やガスメーター等の設備費や保安維持管理費用が含まれています。
Q.04
ガスが漏れた場合は、どうすればいいのですか。
A.
  • 着火源となる電気や換気扇のスイッチには絶対に手を触れないでください。
  • すべてのガスの器具栓を閉め、容器のバルブも閉めてください。
  • LPガスは、空気より重いため低いところに滞留しやすいので、窓を開け換気を行ってください。
  • LPガス販売店へ、すぐ連絡してください。
  • 安全が確認できるまで使用しないでください。
Q.05
ガスの臭いが気になります。
A.
LPガスは、本来無色無臭なものですが、万が一大気中に漏れた場合すぐわかるように、強制的に玉ねぎが腐ったような臭いが着臭してあります。

▲ ページのトップへ

置き薬に関するご質問

Q.01
本県は家庭薬発祥の地、クミアイ家庭薬との関連はありますか?
A.
配置薬は、富山・奈良・佐賀県の3県が3大生産地で、本県は湿布薬・胃腸丸・切り傷薬が有名です。
このことから、クミアイ家庭薬の取扱品の中で、本県で生産されている「赤玉胃腸丸」、湿布薬の「コリトンパンチ」が採用されています。
Q.02
クミアイ家庭薬の歴史はどのようになっていますか?
A.
大正8年に島根県の産業組合保険運動が家庭薬取扱いの第1歩です。
その後、戦争で一時中断されましたが、昭和26年から協同薬品工業(株)にメーカー一元化され、現在に至っています。
全国36県に配置員940名がおり、1,700千戸で利用されています。
Q.03
佐賀県の取扱いはどうなっていますか?
A.
平成9年に全国36番目(現時点で最後の取扱い県)に参加し、配置員20名、30,000戸で利用されています。
Q.04
どんな方法で巡回していますか?
A.
県知事許可の配置販売の資格を持った(株)JAライフサポート佐賀の家庭薬配置員が、約1,500戸の配置先を受け持ち、配置先を年3回程度巡回しています。
Q.05
代金回収はどうしていますか?
A.
配置員が持っている携帯端末機は、配置先と配置している薬を記憶しており、配置箱に貼っているバーコードにタッチし、配置している薬のバーコードにタッチすれば、使用された医薬品と代金が自動計算されます。
代金はすべて現金回収しています。
なお、必要な医薬品は巡回の都度、補充配置していきます。
Q.06
利用者から緊急に薬を持ってくるように言われたらどうしていますか?
A.
配置箱に(株)JAライフサポート佐賀の電話番号、配置箱の中の計算書に配置員の電話番号が表示されていますので直接連絡してもらい、配置員が持っていくようにしています。
なお、(株)JAライフサポート佐賀は24時間受付対応しています。
Q.07
薬の副作用がでたときどうしたら良いですか?
A.
全国170万世帯で利用されていますが、副作用の事例はほとんどありません。
発生した場合は、(株)JAライフサポート佐賀か配置員に連絡してください。
家庭薬課には薬剤師を置いていますので、症状を確認し適切な対応ができます。

▲ ページのトップへ